キラキラの違い

今月末の日曜日、ビッグサイトでイベントです。
すっかり告知するのを忘れていました…。
それは後日するとして。
今日はキラキラのお話。

キラキラのホログラム、レジンに入れるときれいですよね。
でも、その違いがあまりわからない。
最近買い集めたものを比較してみました。

どれもピカエースです。
左の四角いのはミール皿に黒を塗ったものと無着色のレジン液。
右の楕円はシリコンの型に無着色のレジン液。
その両方に約4分割してホロを乗せました。

重ねてみるとこんな感じ。

…う~ん、やっぱりよくわからない。
特にエフェクトフレークの良さがたぶんまったくわかってない。

太陽光を当てるとまた違ってくるんでしょうね。
バックが黒い四角の方はそこそこきれいなんですが、うまく撮れない。
レジンの撮影ってほんっとに難しいです。
こんな厚みのないミール皿でも立体的な雰囲気が出るので
そこはやはりホログラムの威力なのかなーと思います。

背景(下地)の色とか一緒に封入するパーツの組み合わせなんかも
大事ですよね。
…そこにはセンスという越えられない壁があるのですが…。

レジン作品もぼちぼち作っています。
まだまだ試行錯誤の連続ですけど。

粘土もレジンも、思い描いたイメージを形にするって楽しいですよね!
楽しみながらものづくりをやっていけたら、と思います。
お付き合いいただき、感謝いたします。

では。
イベントのご案内はまた後ほど。
よろしくお願いいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です