粘土でホイップ

新年明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い申し上げます。

しばらくここの更新が滞っておりました。
すいません。
今年はもっと更新できるように頑張りたいと思います!

さて。
新年早々、ホイップクリームに挑戦していました。
適当にアーチスタソフト(パジコ製)に水と木工用ボンドを加え
ビニール袋のなかでもみもみ。
口金をつけて絞ってみたところ…。
筋がとろーんとなくなってしまって。粘土に対する水分の量が多かったのでしょう。
やっぱり、慣れてもないのにテキトーはイカン、と反省。
公式のカタログ通り、「粘土50gに対し水はペットボトルのふた4杯」を厳守。
この割合で作ったのがこちら↓

クリームの筋はきれいに残っています。
…絞り出すのにちょーっと力が必要ですが。

手についても少し乾燥してきたらぽろぽろ取れるし、
変な臭いもありません。
(使用後の手洗いは忘れずにー)
練習にはいいかなーと思います。シリコンのツヤツヤぷるぷるもいいですが、
軽量粘土のちょっともっさりした素朴なクリームもいいですよ。

A4クリアファイル1枚分を絞ったら力尽きたので残りはまたあとで。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です